治療法ごとのコスト

髪を触る男の人

通常の医療行為とは違い、体に影響を与えない薄毛の問題は保険が適用されないので、移植療法によるコストが高くなります。しかし治療法によって、コストを安く抑えられます。人工毛を使った方法は固定費を安く抑えられ、自毛植毛による方法なら変動費を安くできます。

More Detail

髪の成長による薄毛改善

頭に触る男性

育毛剤は発毛剤とは違い、髪を成長させることを主目的としています。薄毛の原因は栄養不足による髪の細さも挙げられますが、育毛剤を使うことで髪を太くできるので、頭皮が目立たなくなります。含まれている保湿成分が頭皮環境を整え、抜け毛の原因である抜け毛を防ぐこともできるでしょう。

More Detail

施術方法ごとのメリット

男性女性

自毛植毛の方法として、FUT法とFUE法の二つが挙げられます。医師の手作業で丁寧に移植を行なうFUT法は、傷跡も自然であり定着率も高いものとなります。FUE法ですと、短期間で移植ができるので、すぐに薄毛を改善したいとする人に選ばれています。

More Detail

クリニックでの治療

ヘアケア用品

40代に差し掛かると、多くの男性が直面するのが抜け毛の問題です。抜け毛が現れる要因の多くは、皮脂の男性ホルモンによる影響となっています。若い頃と比べ、40代になると皮脂量も増えてしまいます。皮脂の多さは雑菌の繁殖に繋がり、大量に増えた菌が頭皮へダメージを与えることで抜け毛が増えてしまうのです。また、男性ホルモンの分泌量が増えることでも抜け毛は現れます。男性ホルモンの中でもジヒドロテストステロンと呼ばれる物質は、髪の発毛サイクルを乱すことで知られています。発毛サイクルが早まることで、多くの毛母細胞が休眠期に入ってしまい、頭皮が目立つようになるのです。40代に入ることで現れる薄毛は、育毛クリニックへ通うことで改善させることができます。育毛ピーリングやプロペシアの処方によって、抜け毛の問題に対処してくれるのです。

育毛ピーリングでは、頭皮へ直接栄養を注入することで頭皮環境を改善させます。頭皮の余分な皮脂を取り除き、栄養を注入することで頭皮環境をよくするのです。頭皮へ注射をすることで栄養を与える方法が用いられていましたが、最近ではエレクトロポレーションと呼ばれる痛みによる負担がない治療法も用いられています。他にもプロペシアと呼ばれる薬を処方することで、抜け毛を抑制し発毛を促すことができます。プロペシアはジヒドロテストステロンの生成を阻害する効果があるので、髪のサイクルを元の状態に戻すことができるのです。これらの治療法は専門のクリニックでしか行なえません。より高い薄毛改善効果を得たいとする多くの人に選ばれています。