施術方法ごとのメリット

男性女性

自毛植毛手術の中には、FUT法とFUE法の二種類があります。それぞれの方法によってメリットがあるため、カウンセリングで適した治療法を選びましょう。FUT法は、医師の手作業によって移植を行なう植毛法です。高い技術を持つ医師が顕微鏡を用い、一本ずつ植えていく方法となります。この治療法は一度に植毛できる数に限りがあるものの、移植した髪の定着率が高いことがメリットとなっています。人工毛とは違い髪を定着させられる自毛植毛ですが、すべての髪が確実に定着するとは限りません。医師の手作業によって丁寧に移植された髪であれば、頭皮への負担も少なくなることから定着率が高くなるのです。昔ながらの移植法でもあるので、植毛を行なうクリニックの多くがこのFUT法を用いて治療を行なっています。

手作業での移植方法となるFUT法に対して、FUE法は機械を用いての移植方法となります。機械によって直径一ミリのグラフトを取り出し、正確に移植することができます。このFUE法は、FUT法に対して一度に植毛できる本数が多いのが特徴です。正確にグラフトを採取し、移植することができるので、施術の時間も短いうえに傷跡も小さいものにすることができるのです。狭い範囲に移植した髪を密集させることができるので、このFUE法によって、短期間で薄毛を効果的に改善させることができるでしょう。クリニックによって得意とする治療法や、使える治療機器も異なるので、クリニックごとに得意とする方法を選択するのも重要となります。