治療法ごとのコスト

髪を触る男の人

薄毛を改善させるために高い効果をもたらす方法といえば、植毛手術が挙げられます。頭皮に直接髪を植える植毛手術であれば、育毛剤によって髪が生えるまで待たずとも素早く確実に髪を得ることができるのです。しかし、この植毛手術は通常の医療行為とは異なるので、保険適用がなされないのが問題となります。体に直接負担を与える病への治療に、医療保険は適用されるものです。薄毛の問題は個人のコンプレックスに根ざしたものであるため、治療によって保険が適用されることはないのです。植毛手術によって支払う治療費は、植毛手術の方法やクリニックによって細かく変動するものです。治療を受ける前にカウンセリングを受け、方法ごとにどれだけの費用が必要となるかをあらかじめ医師から訊きましょう。

植毛手術は、人工毛を使った方法と自毛を移植する方法の2つがあります。手術ごとに固定費や変動費が異なるので、方法をよく吟味して選びましょう。人工毛を使った移植方法では、一度に移植できる数も多く医師の負担も少ないため、初期の固定費が安いのが利点です。初期費用となる固定費を抑えたいと考えているなら、人工毛を使った方法が最適となるでしょう。自毛植毛であれば、人工毛を使った方法に比べ固定費が比較的高いものとなります。しかし、自分の毛根に自分の髪を植えられるので、治療後に定着させることができるのがメリットとなります。追加で支払う変動費のコストが安くなるので。維持費をとにかく安くしたいとする人に選ばれる治療法となっています。